Calendar
2018年12月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

FAIR WARNING – 25th Anniversary JP Tour 2017

FAIR WARNING 2017.04.23

23日(日)の参戦。

Road to CITTA’

車で盟友宅に向かい、そこからは盟友の運転で川崎へGo。(運転する気満々だったんだけど、何やら他人の運転だと酔うようになってしまったらしい…。)
色々あって IHSAHN の時以来会ってなかったため、近い将来の METAL シーンのこと等を話す。何とか大師が変にアジアンな建物であーだこーだ言ってるうちにナビが「駅周辺です」とのこと。適当な駐車場に駐めて、近くの駅ビル?で時間を潰すも特にやることもなく会場の場所確認へ。

無駄に遠回りして会場付近に着くも人の少なさ・列の短さに不安を感じるも、開演ギリギリまで近くの喫茶店で軽食&時間潰し。開演10分前くらいに会場入り。物販に列もなく不安を掻き立てられ、その不安が的中。悲しいくらい埋まってない。「もう次はないんじゃないか?」なんて話してると今回の来日公演を映像作品用に録画するらしいことが告げられる。(最終的には7割くらいは入ってた印象だが、最後尾にいたわけではないので、もっと少ないかも。)

Show

まだ暗転してないのにメンバー出てて無駄にアットホームな感じを漂わせるも、Angels of Heaven → Save Me の最強コンボ。その後も バンドのベスト選曲という宣伝文句通りのキラーチューンの連発。数曲で(賛否両論?の)リ・レコーディングベストのアレンジとアコースティック・セットを挟みながら、そのほぼ完璧なセットリストをこなしていた。定番のスキヤキからアンコールでは(初日だけかと思った)ZENO の曲も。個人的には Four の曲をもっと演って欲しかったけど、

トミーは予想通りいくつかの高音部はフェイクしてたけど、前に観た時よりも明らかにパワフルな声量で好調そうだった。映像化するのもあってかなり気合が入っていたんだろう。フロントマンとして本当に文句なしの素晴らしいパフォーマンスだった。
ウレはそこまで技巧的な見せ場はないものの、若い時とそう変わらない、いい歳のとりかたしてるよなぁと。
お笑い担当?のCCはいつものスカートで、レインメーカーをシャーシャーやったりマラカス振ったりと安定感のあるリズムをキープ。
サポートのキーボードの人もボソッと日本語話したりして会場を沸かす。もう一人のサポート、ウリのバンドでも大活躍のニクラスはベストサポート賞を上げたいくらい。トミーよりもキーの高いコーラスをほぼ完璧にキメつつギターも完璧。ソロ・パートはほんの少ししかなかったけど、アンディのパートは彼に任せてもよかったのでは? どう考えてもヘルゲより巧いでしょ…。
さて、問題のヘルゲさん。超高音域の天空フレーズ弾きまくりで良かった。。。と言いたいけど、なんかもう自分の世界ドップリなのか、趣向が変わってしまったのか、骨折した?のが原因なのか分からないけど綺麗で流れるような音運びが失われてるような。正直どのソロパートもどこかしっくり来ない感が。原曲通りに弾いたとこあった?と聞きたいくらい。それと見た目はもう少し気を使って欲しい。少しはウレを見習おうよ。

まとめ

集客が宜しくなかった原因を高い順に推測すると ① リ・レコーディーング・ベストがアレ ② チケット代が高い(9000+500円) ③ 日曜日 ってな感じかな。個人的には、従来の FAIR WARNING ファンなら誰でも楽しめる良いライブだったと思う。やはり直前にリリースしたアルバムの影響は大きいよなぁ。

Leave a Reply

Tk Abruzzi
Links of Uranus
Archive

Top