Calendar
2022年1月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Metal God is Back !

CHTHONIC:
彼らが Painkiller のカバーをやってる時にアリーナ入り。
巷で噂の Doris 嬢だけど、曲と同様、あまり印象には残らなかったな。
コーラスもしてたみたいだけど、完全にかき消されてたな。

AMON:AMARTH:
1曲目の Twilight of the Thunder God 以外は全く判らなかった。音も(いた場所が悪いのかもしれないけど)低音過多でおいしい音域が全然聴こえなかったな。

EDGUY:
アリーナの前方でヘッドバンギング。
前も書いたかもしれないけど、パワー・メタルってよりもハード・ロック・バンドになっちゃったかな。疾走曲が1曲もやらないなんて。Speedhoven の代わりに何か疾走曲やれば良かったのに…。

DIR EN GRAY:
俺は会場内をぶらぶらしようかと思ったが、盟友が観てみたいというので、スタンド席で休憩しながらの観賞。初めて聴いたけど、混沌としたリフの中で台に乗ったシンガーが奇声を上げてるだけにしか見えなかった。後半は多分つまらな過ぎて意識がどっか行ってた(笑)

HELLYEAH:
このバンドも初めて聴いたけど、いいと思える曲がなくて面白くなかった。スタジオ音源を聴けば違うのかもね。結局、DIR EN GRAY の時と同じく完全な休憩タイム。

RATT:
再びアリーナ前方へ。新譜がなかなか良かったんで立って見ても良かったんだけど、後々の体力温存のため座って観賞。結果、Vo と Dr のしょぼさに絶句。もっとマシかと思ってた。Warren DeMartini のギタープレイだけに焦点を合わせて時たまモニターを見てたくらいかな。

ACCEPT:
新シンガーすげぇ。「どっかの工事現場から連れてこられたのか?」ってな風貌からは想像できないようなパワフルで柔軟性のある歌唱で驚いた。楽器隊のパフォーマンスも貫禄があって良かった。3、4曲しか判らなかったけど十分楽しめた。めったはー! めったはー!

STONE SOUR:
個人的には今回のベスト・パフォーマンス。逆のアリーナにいたにも関わらず音が良かったし、Corey の歌唱も見事。オーディエンスの煽り方も巧いし、ベスト・アルバム的な選曲も最高だった(バラード2連発には悶絶。)。当然なら全曲ヘドバンだ。唯一、気になったのは Jim (Gt) がやたらピックを投げては足元から拾い…ってのを何度も繰り返してた事かな。しかも内股で…。

HALFORD:
Metal God is Back ! STONE SOUR 終了1秒後にはステージ正面に向かって移動。まさかあんなに押されるとは…。盟友ポトス曰く「1,2列後ろに下がればかなり楽だった」らしいが、俺は「IRON MAIDEN の時のように後ろに流されることだけは!」と頑張ってたからな(笑)。
1曲目の Resurrection から Made In Hell は4方の圧力に耐えながら全力でシャウト、その後も両手でメロイック・サインを掲げながら終始ヘドバン、サビではシャウトを続けた。そして、そろそろ首がヤバイなって時になって Jawbreaker (Judas Priest Cover) が…。悶死した(首が)。新譜の疾走曲もやったし、本当に素晴らしかった。Rob の喉も絶好調とはいかないまでもかなり良かったんじゃないかな。

当初の予定通り HALFORD 終了と同時に会場を後に。HALFORD のマーチャンがなかったんで、何も買う予定はなかったんだけど、どうしても着替えが欲しかったので Ozzy と Spiritual Beggars のTシャツを購入。(初日出演バンドのはMサイズがなくてね…。)

前回の LP は07年だったけど、あの時と同じく音のバランスが悪かった。低音多すぎで美味しい音域がかき消されてるパターンが多かったね。EDGUY は若干音圧が物足りない気もしたけど、結構いいバランスだったんで「これでマシになるかな~」なんて思ったりもしたんだけどね。リフが聴こえないなんてのは問題外かと。
あとはアレだ。毎回書くことだが、ヘドバン人数少なすぎ。最前列のスタッフが「首の準備運動しといてね~」なんて言ってたけど、笑っちゃうくらい誰も首振らないし…。情けないとしか言いようがないね。

まぁなんにせよ、個人的には大満足のライブだった。STONE SOUR と HALFORD だけでも十分にチケ代以上の価値があった。さて、次は AVANTASIA だ。もしかしたら東京ドームに BON JOVI 観に行くかも…。

Leave a Reply

Tk Abruzzi
Links of Uranus
Archive

Top