Calendar
2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Archive for the ‘Metal’ Category

A Good Day to Die

SCORPIONS 活動停止…。

最後の来日公演は武道館あたりで Michael と Uli を連れて名曲のオンパレードってのが理想だが、例えそうでなくても最後の雄姿は死んでも見届けに行かねばなるまい。

NP:SCORPIONS / Virgin Killer

My Black Diamond

STRATOVARIUS 来日公演 at 川崎クラブチッタ

会場の場所を確認しておかなかったせいで、迷いに迷った結果、入場したのは開演5分前…。(チッタの場所を教えてくれたお姉さん、ホントにありがとう。)隙間をかき分けて進んだら Matias 側でアレ…。キーボードって大抵左側だと思ってたけど、Jens は右なんだな。

メンドーになってきたので続きは帰宅してから。(* ここまでは帰りの電車内から)

*無事日付が変わる前に帰宅できたので続き ( 駅で全力疾走したからね/笑 ) *

で、肝心の出音は “聴きやすい音圧だけどそれじゃちょっと物足りないよ” って塩梅。ベースのアタック感が強く、それに加えてギターのアンプが Mesa Boogie で低音過多ぎみ。おかげで Timo の Vo は線が細い割によく聴こえた。

個別だと

Timo Kotipelt:高音パートごまかし過ぎ。フロントマンとしての資質は素晴らしい。
Jens Johansson:よく見えなかった (涙) が音に不満はなし。流石生ける伝説。
Matias Kupiainen:佇まいが地味過ぎ。ただ、無駄がない綺麗な運指は素晴らしい。
Lauri Porra:アタック感が凄い。想像以上に上手かった…。
Jorg Michael:流石に安定感が衰えてるのか、走ったり、そうでなかったり。

– Setlist ( 2ch より ) –
01. Destiny,02. Hunting High and Low ,03. Speed of Light ,04. The Kiss of Judas ,05. Deep Unknown ,06. A Million Light Years Away ,07. Legions ,08.Winter Skies ,09. Phoenix ,10. Guitar & Bass Solo(Incl. Far Beyond the Sun) ,11. Forever Is Today ,12. Twilight Symphony ,13. Higher We Go ,14. Will My Soul Ever Rest In Peace? ,15. Eagleheart
-Encore-
16. Forever ,17. Father Time ,18. Black Diamond

#14 は正直いらなかったが、ほぼベストな選曲。盛り上がる曲と盛り上がらない曲の差が激しいのが気になったな。あと、相変わらず ” ヘドバン人口少なすぎ ” 。ほぼ全曲でヘッドバンギングしてたのって俺だけ? 非常に残念だ。

話は変わって Charvel の白テレ。某楽器店の人の話だと、8月中ごろには入荷してて、サイトにデータを上げるより先に即売れたとのこと…。で、今後の入荷はありえない。って…地方人にもチャンスをくれよ。毎日チェックしてたのに…。

仕方なく在庫のあった色違いのを試奏したんだけど、予想通り弾きにくい。レス・ポールほどネック角があるわけじゃないので、慣れれば何とかなるくらいだとは思う。とりあえず、まだ Charvel から Soldout 勧告はされてないので、他の楽器店から出てくるのを待ってみようかと思う。

P.S. 行きの電車の冷房が強すぎて一日腹痛。今日暑かったか?異常だとしか思えん。

Disappointed at the Dream

2:00 帰宅。非常に疲れた。やはり日帰りで東京に行くのはしんどいわ。

言うことないくらい素晴らしいライブだった。ヘドバン人口も EDGUY の時よりも (多少) 多かったしね。曲を覚えてなかったせいで 1st の曲の約半分は聴いてるうちに思い出してたり・・・。ただ、いいライブだっただけに課題もチラホラ見えた気がするな。ソロパートが面白くないだとか曲間の掛け合いで展開が崩れてたりね。・・・1曲目の Tiger Punch が思った以上に盛り上がってないのも残念だった。尻上がりの客が多かったのかな?

本当にいいライブだったけど、実際のところ、まだ単独で来日するのはちと早いのかな、とも思ったな。

まぁ何にせよ、あの空間の前では豚インフルエンザも消滅したに違いない。

Takes It to the Hell

NP:EMPEROR / Live at W.O.A 2006 – A Night of Emperial Wrath
限定版が発売延期になったんで、DVD だけ先に購入。しかし、ホントいいバンドだわ。一度でいいから来日して欲しかったなぁ・・・。

超久々にMT車を運転したんだけど、まだまだ余裕で行けた。我が愛車にもマニュアル・モードが搭載されてるけど、クラッチ操作がないあくまで雰囲気を味わう程度のものだから、たまに乗るのも楽しいね。

White Star Rising Again


Charvel、ついにきたね、念願の白!欲を言えばマホガニー・ボディがいいんだけど、ここまで希望通りの見た目ならアルダーでもいいや。実はこのシリーズはずっと候補に挙がってたからね。限定とは言え白が出たってのは最高のニュースだ。購入決定。狙ってたUSA Jackson と比べて安価だしね。

あぁ、そうなると Dinky Custom のマイナーチェンジは当分なしだな。ブラス・エスカッションを EMG サイズに削るくらいで済む・・・。

Yngwie の来日公演は見送ることとなった。Tim ‘Ripper’ Owens を観れないのは非常に残念だが、いずれソロで来てくれるだろう。OVER THE RAINBOW はもしかしたら一人で観に行くかも・・・。HIBRIA は確実。

NP:QUEENSRYCHE / American Soldier
前作が歴史的名盤 Operation Mindcrime の続編とあって、現代的に進化した O:M を聴けたしライヴも良かったから新譜もそれなりに期待してたんだけど、・・・全く耳に残らないな。もう少し聴き込んではみるが、いい方向には行かないだろうな。

Tk Abruzzi
Links of Uranus
Archive

Top