Calendar
2022年1月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Archive for the ‘Diary’ Category

Can You Eat Tongue?

職場の暑気払いで焼き肉 & 飲み。(鶏肉以外の)肉は美味しさが全く理解できないので、普段は殆ど食べないんだけど、こういう場は仕方ない。そして、やはり美味しさはわからないまま。タレは美味しいと思うけどね。

2次会でカラオケ。
相変わらず他の人の歌う J-POP は殆どわからなかった。こっちは少し気を使って QUEEN や JOURNEY を選んだがどちらも誰もわからないようだった。非常に悲しいことだ。

・ 和田アキ子 / あの鐘を鳴らすのはあなた
・ SEX MACHINEGUNS / エステティシャン
・ JOURNEY / Don’t Stop Believin’
・ QUEEN / Bohemian Rhapsody
・ 石川さゆり / 天城越え
・ プッチーニ / トゥーランドット「誰も寝てはならぬ」

今日の喉の調子が良くなかったのか、または歳のせいか、それともエステティシャンが悪かったのか、以前ほどメタル系ハイトーンが出なかった。「誰も寝てはならぬ」でベルカントを意識してオペラチックに熱唱したけど、声量も音域も力まずかなり楽に出せたので、歌唱法的には正解に近いのかな…。

しかしなぜ木曜。連勤の真ん中なんだか。

The Wrath of the Past

STAR TREK – Into Darkness


Bru-ray セットではない DVD オンリーのがやっとリリースされたので、早速購入・視聴。

前作しか観ていない人にも取っ付き易すく、元ネタである映画2作目のオマージュが至る所に散りばめられていて、トレッキーな旧作ファンは倍は楽しめる。ただ「人類最大の弱点は愛だ」とかいう意味不明なキャッチフレーズに惹かれて劇場に足を運んだ初見の人には ??? なとこが結構あるだろうな。

内容は良くも悪くも最近の SF な感じで、特有のユルい感じは全くない。色々な演出が矢継ぎ早で、観ていて少し疲れるくらいのスピードでストーリーが展開していく。出演者が若返ってのリブートなこともあって、みんなエネルギッシュに全力疾走したり、相変わらず高所で格闘したりとか…。

個人的には、マスクがプレデター!なクリンゴン人がちゃんとバトラフ使ってるのが微笑ましかった。暗いシーンでよく見えないんだけど。そして何と言っても素晴らしいのはエンタープライズを魅せる壮大なシーンだ。劇場に観に行かなかったことを後悔させるほどの美しさ。エンタープライズは無印とD型が好きだったけど、JJ版も悪くない気がしてきた。でも、USS ヴェンジェンスの大きさがエンタープライズの倍って、大きすぎだろ。序盤の船を隠したところも、周回軌道に乗って転送使うほうが STAR TREK らしいし、船を隠してる間に見つかる可能性のほうが高いような。

Amazon のレビューで書かれてるような声優や翻訳への不満はあまりないが、前作ではちゃんとあった(副音声で製作陣が数人で同時解説する)音声解説がないのは残念だった。あれ、結構楽しみにしてたんだけどなぁ。

もし次があるなら、ちゃんと宇宙を探索する STAR TREK らしいのをお願いしたいね。

Eye of the Observer

Tiger Pattern


最初は George Lynch のギター画像を原寸大にプリントして柄を作ってたんだけど、メンドーになってきて半分以上はフリーハンド。制作費:70円・所要時間:1時間にしては上手くできたかと。ただ、近くで見ると凄まじい粗。しかもちょっとやり過ぎた感もある(笑)本物はこんなびっしりないからな…。これで SURVIVOR / Eye of the Tiger とか STEEL PANTHER の曲だとか弾けば分からなくもないんだろうけど、13-54 で 2音下げなんだよね。ARCH ENEMY 弾く用だったから。

Reflex Silver (Mega Wing)

eBay に Reflex Pickup の Silver が出てるんだが、今後のために落札するか非常に迷う。Floyd Rose が載ってるギターでさえ Sky Guitar に近い音が出てくれるからな。ただ、新品じゃないのがね…。

Sky Guitar

ところで、その Sky Guitar だけど、DEAN のサイトから消えてるってことはもう所定の本数が売れたということなんだろうか…。

The Orion

METALLICA:Though the Never

今更ながら観た。なんて言うか、METALLICA っていうバンドの PV という印象。映画にした理由は3D上映だろうな。ステージセットもそれを考えられてるし、アクシデントも3Dの臨場感で見たら素晴らしいだろう。…ただし、METALLICA ファンに限る。曲間に入るストーリーはおまけ程度。映画館でひたすらライブ映像を観るのも味気ないだろうから、ちょっとストーリーつけました的なソレ。

LIVE IN JAPAN

PRIMAL FEAR,GAMMA RAY ともに参戦できず。このままだと LOUDPARK までライブなし、もしかしたら今年は LOUDPARK だけの可能性も…。EMPEROR、オクでチケットを入手してでも行こうかどうか悩む。

Falseform

DGCFAD

V シェイプばかり弾いていて暫く放置してた Jackson / Dinky Custom の金属パーツを磨き上げて復活。SIT の 11-50 を張ってDチューニングに。C.O.B 辺りを弾きながら慣らそうかと。今まで2音下げはやってたけど、なぜか1音下げはなかった。しっくり来なかったのかな。

昔はどのギターも同じチューニングにしておいて気分で使い分けてたけど、そうすると弾くのが決まってきてね。手に取る機会を増やさないと。基本的には Hoyer の V を手に取るのがダントツで多い。弦交換が楽だからかな。

Tortex T3

昨日の記事のピック。使ってるうちに両面のプリントがガンガン剥がれてきて、親指と人差指がラメラメに…。これだとどっち面を上に持ってたかよーく見ないとわからない。同じ形のまま Tortex The Wedge と同じ素材で作ってくれないかなぁ。

Tk Abruzzi
Links of Uranus
Archive

Top